play

琉球新報のスター記者が煽る「琉球独立」への道.

11月1日発行の『情況』という過激派の月刊誌に、琉球新報の新垣毅・編集委員の「安保は沖縄で起きている!」という論文が掲載されました。 この新垣編集委員は、現在、琉球新報で、沖縄の自己決定権をテーマにした「道標(しるべ)求 … 続きを読む

 
play

「中華民族琉球特別自治区」の正体は…中国共産党中央統一戦線工作部.

突然設立された謎の団体 2010年12月、「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」が成立したという公告が、中国国内の新聞や雑誌に掲載され、その存在が知られるようになりました。 そして2012年には「援助」の文字がとれ、「 … 続きを読む

 
play

ついにつながった「元台湾マフィア」と「沖縄暴力団」と「琉球特別自治区委員会」.

「沖縄に関心がある」大物台湾マフィアが来沖 10月29日の琉球新報は、台湾マフィアの元幹部と、沖縄の指定暴力団「旭琉会」が、10月15日から18日頃にかけ、沖縄で接触していたと報じました。 報道によれば、来沖していたのは … 続きを読む

 
play

「沖縄県民の88%が民族自決権を希望」中国で報道.

11月5日付のフィナンシャル・タイムズ・中国語版は、今年5月の琉球新報による世論調査を引用する形で「沖縄では88%の県民が、さらに大きな自決権を持ちたいと考えている」と報道した。(英語版も同様)   そもそも、今年5月に … 続きを読む

 
play

福州市で中国共産党幹部の接待を受ける翁長知事(那覇市長当時)の衝撃写真!.

この写真は、那覇市発行のニュースレターに掲載された写真で、2006年11月22日~25日にかけて、翁長雄志那覇市長(当時)を団長とする「友好の翼」訪問団が福州市を訪れた際の、歓迎の晩餐会の一コマです。ワイングラスを片手に … 続きを読む

 
play

誰も知らない「島ぐるみ会議」の危険性.

最初から「辺野古移設は止められない」とわかっていた! 「島ぐるみ会議」事務局次長の島袋純教授は、2014年12月20日、法政大学において「”アイデンティティ”をめぐる戦い―沖縄知事選とその後の展望 … 続きを読む

 
play

国連で市民団体が記者会見!「沖縄の米軍撤去」に動き出す外国政府の存在を発表.

2015年9月22日(火)、スイス・ジュネーブの国際連合事務局で、翁長雄志・沖縄県知事の国連スピーチを企画した、市民団体代表者らによる記者会見が行われました。 会見したのは、左から吉川秀樹氏(生物多様性ネットワークセンタ … 続きを読む

 
play

なぜ翁長知事は「独立は考えていない」と明言できないのか?.

ジュネーブの国連人権理事会での発言をめぐり、現在開催中の県議会で、翁長知事が厳しい追及を受けています。   「自己決定権」を悪用するな! 照屋守之議員(自民)は、「自己決定権」の意味について、知事を厳しく追及。 … 続きを読む

 
play

翁長知事の国連シンポが、どうみても独立宣言だった.

沖縄の翁長知事は、9月21日の国連人権理事会演説に先立ち、同日、同じ国連敷地内にて、反差別国際運動、市民外交センターなどの主催によるサイドイベントに出席しました。冒頭に翁長知事が20分ほど講演。知事の発言を補足する形で、 … 続きを読む

 
play

報ステが方針転換?翁長知事国連演説の真意を報道.

国連人権理事会で翁長さんがスピーチを行うことには、 どんな意味が込められているのでしょうか? 翁長知事「私たちは自己決定権や人権を、ないがしろにされている」   今回、翁長氏は、発言権を持つNGOから時間を譲り … 続きを読む