「中華民族琉球特別自治区」の正体は…中国共産党中央統一戦線工作部

突然設立された謎の団体

2010年12月、「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」が成立したという公告が、中国国内の新聞や雑誌に掲載され、その存在が知られるようになりました。

731baa79gw1ese9fpo6mvj20c80jwae0

そして2012年には「援助」の文字がとれ、「中華民族琉球特別自治区準備委員会」となりました。

 

731baa79gw1esoxgd9ii8j20sg1c64ey

 

会長は浙江省出身の実業家、「趙東」氏

琉球特別自治区委員会の会長は、浙江省出身の貿易会社社長、趙東氏。この写真は台北市のホテルで撮影された晩餐会の写真です。自治区委員会ははじめ、香港で設立されましたが、その後、広東省深圳市の雑居ビルに移転しています。

テレビにも出演 → フェニックスTVへ

731baa79gw1epuwe08u89j20j61407cz (1)

 

中華民族琉球特別自治区委員会は、会社組織まで設立して経済活動をしていますが、これまで、趙東会長以外にどのような人物が関与しているのか、ほとんど知られていませんでした。

「琉球特別自治区委員会」実は中国共産党 中央統一戦線工作部

これは、中国のネットに出ていた「李昊」という人物のプロフィール。中華民族琉球特別自治区準備委員会の執行秘書とあります。

李昊プロフィール

現在のポジション:(日本語訳)

中華民族琉球特別自治区準備委員会 執行秘書
中国光彩事业国际投资集团有限公司中国光彩事業国際投資集団有限公司) 情報開発最高経営責任者
光彩国际一帯一路跨境商会朕合会(光彩国際一帯一路跨境商会連合会) 主席執行官
光彩国际投资集团有限公司(光彩事業国際投資グループ有限会社) 理事局副主席

 

この人物が兼務している企業、「中国光彩事业国际投资集团有限公司」とは何か、調べてみると、、、、、、なんと、中国共産党の中央統一戦線工作部の下部組織でした。

 

中国光彩事业国际投资集团有限公司,是在中共中央统战部、

(日本語訳)中国光彩事業国際投資集団有限公司は、中国共産党中央統一戦線工作部です

中国光彩事业国际投资集团有限公司

 

「中央統一戦線工作部」はどんなことをする機関なのか?

※ Wikipediaより

中国共産党中央統一戦線工作部は、中国共産党中央委員会に直属し、中国共産党と党外各民主党派との連携を担当する機構。略称は中央統戦部。民族、宗教についての業務、特にダライ・ラマに協力する国内外のチベット解放活動に対する工作や、海外における祖国統一工作、非共産党員の幹部養成、も職務に含まれている。

つまり、中央共産党中央委員会の情報機関ということです。中国は台湾も沖縄もともに中国の領土と主張しているので、ここでいう「海外における祖国統一工作」とは、台湾の併合であり、琉球の属領化を意味します。

琉球特別自治区準備委員会は、「琉球集団」という企業グループを作って、すでにさまざまな経済活動を始めています(※参考→ http://japan-plus.net/917/ )。名前を変えた関係企業が、すでに沖縄県内でビジネスを始めている可能性もあります。

中国共産党のねらい

1.経済、文化面から沖縄に入りこみ

2.琉球独立運動を支援し

3.「自己決定権」「先住民」「脱植民地化」をキーワードに、米軍を撤退させ

4.沖縄の政治・経済・文化 すべてを中国の影響下において支配する

 

沖縄における中国の独立工作は、新しい段階に入ったのかもしれません。

中国との経済交流に熱心な翁長知事ですが・・・本当に大丈夫なのでしょうか?