報ステが方針転換?翁長知事国連演説の真意を報道

国連人権理事会で翁長さんがスピーチを行うことには、
どんな意味が込められているのでしょうか?

翁長知事「私たちは自己決定権や人権を、ないがしろにされている」

 

今回、翁長氏は、発言権を持つNGOから時間を譲り受ける形で演説を行った。

なぜ翁長知事は「国連でのスピーチ」という異例の手段をとったのか?

実は、国連自由権規約委員会は2008年、日本政府に対し、「アイヌの人々および琉球・沖縄の人々を先住民族として国内法で明確に認めるべき」とする勧告を行った。

「先住民族の権利に関する国連宣言」では、先住民の土地での軍事活動は制限されている。

日本政府は、アイヌは認めているが、沖縄の人々を先住民族とは認定していない。

この場のスピーチには、どういう意味があったのか。国連人権委員会の元委員に話を聞いた。

 

「翁長知事が発言した内容の中に、『沖縄の人たちの自決権が無視されている』と。国連人権理事会でこの演説を聴いた人は、『先住民たる沖縄県民が住んでいる沖縄という島の中で、アメリカが軍事基地を新たに設置しようとしている』という図式を描くわけですね」

「安全保障の問題が、人権の問題に。もう一つは、国内問題であったものが、国際的な問題に変容している」(元国連人権理事会諮問委員会委員 坂元茂樹氏)

今日お話をいただいた同志社大学の坂元先生がおっしゃるには、坂元先生は今日の発言の中で「自決権」という表現をされています。その前に冒頭のほうで出てきた時に、翁長さんがスピーチをされているときには、「自己決定権」というテロップが出ました。

「正確には、これは自己決定権ではなく自決権のほうがいいだろう」と、坂元先生はおっしゃっています。

なぜかというと、自決権というのは2つあって、沖縄の中の自治権という意味もあるけれども、もう一つは「独立」を含んだ、「独立の決定」という意味の自決権という意味もあるので、この国連の人権理事会の中ではそういうニュアンスを含んで、あの短い時間とはいえ、スピーチをしたととらえたほうがよかろう」と、そういう見方が出ております。