9/20(日)視察報告!―中国の抗日軍事パレード&南京大虐殺記念館

9月3日、中国で「抗日戦争勝利70周年」の記念行事が北京の天安門広場で開かれました。1949年の中国建国以来、軍事パレードはこれが15回目です。

vs150910-001 vs150910-002

中国は、今回の軍事パレードにロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵大統領をはじめとして49カ国の代表者を招き、大々的に国際社会へその軍事力を誇示しました。

矢内筆勝(JAPANプラス会長・幸福実現党総務会長)は緊急訪中し、今回の中国の軍事パレードや、南京大虐殺記念館を視察いたしました。

 

DSC01844 vs150906-048
(写真左:英雄扱いされている本多勝一やアイリス・チャン、 右:家族連れでにぎわう南京大虐殺記念館)

9月のJAPANプラスセミナーでは、幸福実現党国防部会とのジョイント企画として、矢内会長より軍事パレード視察報告、および、今後の日本が向うべき道についてレポートいたします。 ふるってご参加ください。

■お申し込み・お問い合わせ

ご参加のお申し込みは、【お名前(ふりがな)】を明記の上、下記までメールをお送りください。

⇒講演会事務局 幸福実現党政調会
担当:佐々木【info@hr-party.jp】
※件名に「9月20日セミナー希望」とご記入ください。
※小さいお子様同伴での聴講も可(母子室はありません)

【日時】平成27年9月20日(日) 14時~16時半

第一部 「抗日軍事パレードと南京大虐殺記念館から見る『習近平の野望』」

幸福実現党総務会長兼出版局長・JAPAN+(プラス)会長 矢内筆勝

p-933

・なぜ、習近平は、この時期に国家を挙げて「反日軍事パレード」を行ったのか?

・パレードから見る習近平の野望とは?

・当日の北京市内の状況と市民の反応は?

・パレードの裏に隠された中国共産党一党支配の実際は?

・家族連れでごった返す、「南京大虐殺記念館」の内部の衝撃! ! レポート。

・現在の南京市内と「南京城」はどんな様子なのか?

・「大虐殺記念館」を見た中国の若者たちに直撃!「日本人をどう思う?」インタビュー

・株大暴落で「揺れる!?」上海ルポ 等

 

 

■第二部 「軍事パレードを分析する!! 迫りくる中国軍の脅威」

横井基至

■質疑応答

【場所】ユートピア活動推館

東京都港区赤坂2-10-8 (東京メトロ「溜池山王駅」9番出口より徒歩3分)
アクセスhttp://www.shoja-irh.jp/utopiakskan/access.html

【会費】2000円

【主催】幸福実現党 国防部会
【共催】JAPAN+(ジャパンプラス)
公式ホームページ http://japan-plus.net
Facebook https://www.facebook.com/japanplus111