普天間基地のオスプレイがネパール大地震の救援に出発

ネパール大地震の救援のため、沖縄県の普天間基地からオスプレイが出動しました。

4月25日に発生したネパール大地震。

在日米軍司令部のTwitterによれば、28日、米空軍はC-17グローブマスターで約70名の救援関係者、5頭の救助犬と45トンの支援物資を現地に運びました(写真は在日米軍司令部Twitterより)

29日、米空軍はネパールでの被災支援のため人員と物資を載せたC-17グローバルマスター2機を現地に派遣しました。写真は物資を降ろしているところです。

5月1日、嘉手納基地では米太平洋軍の被災支援調査団が海兵隊のC-130ハーキュリーズに乗り現地ネパールへ向け出発しました。(写真:在日米軍司令部Twitterより)